IQ246で黒幕Mが安達祐実と言われる理由は?最終話はいつ?小ネタや疑問点も

最初は評価も高くなかったドラマ「IQ246」ですが、織田裕二演じる法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)やディーンフジオカ演じる賢正(けんせい)のコンビにも慣れてきたこの頃は評価も上がっていて、更に黒幕の13ことマリアも第6話で解き明かされて盛り上がってきました。

ネタバレありで、ドラマIQ246で黒幕のMことマリアが安達祐実と言われる理由を調べました。また、ドラマIQ246の最終話がいつなのか?や、現時点での小ネタや疑問点も調べました。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】IQ246で黒幕Mが安達祐実と言われる理由は?

ドラマIQ246の第一話を見ての感想は慣れないかもと思ってましたが、最近は各キャラの設定もわかったし、見る楽しみ方がわかってきて、つい見てしまうドラマになってきたIQ246

第1話からずっと伏線が貼られてきた「完全犯罪教えます」と言って、今までのIQ246の全ての犯罪の仕掛けを後で操っていた黒幕が13ことマリアティーン(M)ですが、2016年11月20日放送の第6話で黒幕マリアが誰か解き明かされました。

今まで、IQ246のマリアについて明かされた伏線をまとめると、

・ショートヘアの赤いパンプスを履いている女性

・スマホへのメールで「完全犯罪教えます」と言って完全犯罪をサポート
(常に反抗しそうな人を動画で監視していいタイミングでメール)

・犯罪実行後は、「お手際、実に鮮やかでした。料金は後ほど。めでたくかしこ」とメールする

・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)とは知り合いで、沙羅駆の部屋に13の資料がある

と行ったところだったと思われます。

で、ドラマIQ246の黒幕として一番あやしいのは、黒幕は一番怪しい女性が中谷美紀さん演じる森本朋美で、裏狙いなら妹役だったり、土屋太鳳か?とも言われていましたが、第6話の放送前には

IQ246の黒幕は安達祐実では?

という情報がどこからか出ていたようなのでその根拠を調べました。

今まで、登場していない安達祐実さんが黒幕かと疑われた理由は第5話の最後のシーンに理由がある様子。

IQ246の第5話の最後に黒幕

いつになったら会いに来てくれるの?法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)さん

と話すシーンがあったのですが、

電話をかけてるこのシーン

iq246-kuromaku1

電話の後、あるき出した時の後ろ姿が映し出されているシーンがあって

iq246-kuromaku2

↑のシーンを見た人が髪型や女性の声が安達祐実に似てると感じた人がいたようで、

iq246-kuromaku-adachiyumi

そこから、黒幕が安達祐実ではという噂が出た様子。

ただ、ドラマにそこまで出演していない人がいきなり黒幕として出て来るというのは、連ドラでは非常にレアパターンですし、NOA的には無い案だと思っていましたが・・・黒幕が安達祐実さんという説はミスリードだった様子。

ネタバレありですが、IQ246の第6話の最後のシーンを見た人は分かる通り、

iq246-kuromaku-m

あくまで、今の処という条件はつきますが

IQ246の黒幕M=中谷美紀さん

と言ってよさそう。ただ、中谷美紀さん演じる森本明美なのか、森本明美と瓜二つの別人なのか等は未だ不明

でも、疑問点が多数残っているので、現時点の疑問点をまとめました。

 

【ネタバレ】IQ246の疑問点まとめ

第6話までIQ246を見ての現時点でNOAが考える疑問点をまとめました。

・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)とMの関係は?

・そもそも13ことMとは何者なのか?

・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)と賢正(けんせい)の関係は?

89代目の賢正の正体は?

・法門寺沙羅駆は、第6話の最後、わざとガスを受けてMをおびき寄せた?

・本当にMは中谷美紀?来週ひっくり返す?

・第7話予告で第6話の続きらしきシーンが沙羅駆とMの取っ組み合いのみな理由は?

といった所が気になるところ。特に、賢正(けんせい)に対して、法門寺沙羅駆が

「私がもしもの時はお前しかいないんだ、わかってるな?」

というシーンが一番、気になる処です。

では、気になる第7話予告を見てみましょう

あ、最後の最後

「待ちかねたよ、マリアティーン」

と言ってるようですし、「法門寺沙羅駆がMをおびき寄せる為に敢えて、賢正たちを追いやり1人になった」ようにも予想できます。う~ん、謎解きは次回の第7話を楽しみにしましょう。

【ネタバレ】IQ246の小ネタが凄い!

実はIQ246は本編以外に、IQ246の小ネタが面白くてそっちが気になるという声も多いようなので調べてみました。

調べてみたら、TBSドラマ「IQ246」の演出担当は「木村ひさし」さんで、TBSドラマ「99.9 刑事専門弁護士」の演出も木村ひさしさんで、さらに以前はテレ朝の連ドラ「民王」や昔人気になった連ドラ「TRICK」も担当されています。

確か99.9も小ネタが話題になっていたと思いますが、第6話ではこんなシーンがあった様子。

iq246-koneta-sadanowin2

ドラマ99.9を見てる方しかわからないですが、ドラマ99.9では主演の松本潤(まつもとじゅん)さんの上司を、香川照之さん演じる佐田さんが演じていたのですが、その愛馬がサダノウィン。

iq246-koneta-sadanowin3

そのサダノウィンがドラマIQ246のスポーツ新聞で登場する、といったように小物をよく見ると、色々と仕掛けがあるようです。

ちなみに、2つ↑のスポーツ新聞では咲雷賞3連覇という見出しがありますが、

これも、咲雷賞→さくらいしょう→櫻井翔と嵐のメンバーの名前になっていたり、とにかく細かい(笑)

また、PPAPが大流行中ですが、ドラマIQ246の新聞では、

iq246-koneta-ppap

BBAP大流行とかあるし(笑)。何かと凝ってますね~。

ツイッターなど見てると、こういった小ネタに気づく人が結構多いことに驚かされます。中には、ドラマシーンのカベに書かれた新聞とか、文字とか見て小ネタ探しに注意がいって、本編がアタマに入らないなんて人もいるようです。なかなか凄い演出ですね。

IQ246の最終回(最終話)はいつ?全何話?

IQ246の最終回(最終話)がいつなのか、全何話なのか調べました。

最終話がいつかのヒントは2つあって、

1つはドラマIQ246の放送日

もう1つはドラマIQ246の書籍が発売される事

になるかと思われます。

IQ247の第7話の放送日は11月27話でこのペースなら、第10話が12月18日、第11話が12月25日

また、オリジナルシナリオのドラマIQ246の書籍が発売されるようですが、これが前後編の2冊で前編が1-5話まで収録されるようです。あ、ドラマIQ246の書籍のアナウンスはコチラ

12月25日は大体ドラマでなく特番がありそうですし、かなりの確率でIQ247は全10話なのではないかと思われます。また、追加情報わかれば確定情報を追記します。

まとめ

ネタバレありで、IQ246の黒幕Mが安達祐実と言われる理由を調べました。またIQ246の現時点での疑問点や小ネタ、さらにIQ246の最終回(最終話)がいつなのかも予測しました。

だんだん面白くなってきたドラマIQ246ですが、最後まで楽しませて欲しいですね!

スポンサーリンク

最後までお読み頂き
ありがとうございました

最後までNOAの記事をお読み頂き感謝です。
もしよければフェイスブックやはてなブックマーク、G+で広めて頂けるとすごく嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。