逃げ恥の漫画原作の最終回をネタバレ!ドラマの隠し設定も面白いのでまとめてみた

2016年秋の大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」ですが、2016年12月に漫画、ドラマ両方とも最終回なんです!楽しみだけど終わってほしくない逃げ恥の最終回をネタバレさせてしまいます!

また、ひらまささんとみくり、その兄のちがやの名前の由来といった、いわゆる”隠し設定”が面白いのでまとめてみました。

スポンサーリンク

逃げ恥のドラマの隠し設定も面白いのでまとめてみました!

2016年秋の大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」!このドラマ、漫画が原作ってご存じでしたか?海野つなみさんの同名の漫画で、2016年11月現在、講談社発行の月刊「Kiss」に掲載中なんです。

そういえば「森山みくり」って可愛らしい名前ですよね。でも「みくり」ちゃん単独だと気になりませんでしたが、2016年11月29日放送の第8話で、自己肯定感満載で超KYなみくりの兄の名前が「ちがや」って聞いたとき「!?」と思った方、多いんじゃないでしょうか?

「ちがや」って珍しい名前だなー。そういえば「みくり」も珍しいよね…。

逃げ恥の「みくり」と「ちがや」という名前の由来を調べてみたところ、実は、漫画の原作者の海野つなみさん曰く「森山家はみんな植物の名前から付けているんだそうですよ!驚きですね。

でーは、早速森山家の由来を、見ていきましょう!

主人公の森山みくり(新垣結衣)は、「実栗」という植物があるそうです。栗?と思ったのですが、栗ではなさそうで、浅い水中に映える草で、果実が栗のイガイガに見立てて付けられた名前だそうです。

nigehaji-mikuri-yurai

出典:weblio辞典

そして、兄の森山ちがや。「ちがや」とは単子葉植物イネ科チガヤ属の植物だそうです。

nigehaji-chigaya-yurai

出典:細田善彦公式プロフィール

あー、この雑草、見たことあるわー!細田善彦さん演じるドラマのちがや君はホントに雑草のようにたくましい自己肯定感でしたね(笑)

で、宇梶剛士さん演じるお父さんは森山栃男。「トチノキ」っていう木や「栃の実」実が有名ですね。

nigehaji-tochio-yurai

富田靖子さん演じる優しいお母さんの名前は森山桜。言うまでもなく「桜」ですよね。

nigehaji-sakura-yurai

そうそう、忘れてならない伯母の土屋百合ちゃんも「百合」ですね。石田ゆり子さんだから百合ちゃんじゃなくて、原作でも「百合ちゃん」なんですよ

nigehaji-yuri-yurai

ちなみに、11/29放送の第9話でKYな兄を「壁ドン」したお嫁さんは「森山葵」(高山侑子さん)、そして可愛い娘ちゃんは「梢ちゃん」でしたね。ほんと植物由来一家です!

 

一方、津崎家ですが、漫画では平匡さんのご両親には名前がなかったそうで、ドラマ第2話の平匡さん両親の登場に合わせて、原作の漫画家海野つなみ先生が名づけられたんですって。

で由来はというと、津崎家は「魚」

津崎さんの名前が魚のヒラマサから取ったので、津崎家のご両親も魚の名前にしました。

出典:海野つなみ*Information

そう、ひらまさって「魚の名前」だったんですね!管理人NOAは全然知りませんでした!

星野源さん演じる津崎平匡は「ヒラマサ」という、ブリの仲間の魚なんですって。東京での呼び名らしいです。「ヒラス」と呼ぶ地域も多いのだとか。

nigehaji-hiramasa-yurai

 

そして、父の名前は「津崎宗八」さん。「ソウハチ」はカレイ科の魚で「エテガレイ」と呼ぶ地方もありますね。モロ師岡さんが演じられてます。

母の津崎知佳さんはドラマでは高橋ひとみさんが演じられていますが、「チカ」は「ヒメアジ」のことなんですって。

nigehaji-tuzaki-oya

出典:逃げ恥ドラマ公式サイト

逃げ恥の登場人物の名前にそんな隠し設定があったとは、全く気づきませんでしたね…。

って、よく考えると…苗字にヒントがありましたよ!

森山&土屋  → 「森」「山」と「土」→ 植物!

津崎 → 「津」は船着き場の意味。「崎」はみさき →海!

うわ、すごーい。トリビア!ってか、サザエさん一家路線を狙ってたんじゃない!?と疑わずにはいられません!

 

(12/20 最終回後の追記です!)

最終回ラストで、平匡さんとみくりが、懐かしの「東京フレンドパーク」のダーツ、やってましたよね!

そのときの、「子沢山」の場面で、みくりが子どもたちの名前を読んでいましたが、気づきましたか??

カツオ

イサキ

セイゴ

ハツメ

ハタ

これ、全部魚の名前でしたね(笑)。

ほんと逃げ恥サイコーです!!!!!!ありがとう!逃げ恥!最終回終わって本当寂しいです(涙)

逃げ恥の漫画原作の最新刊や最終ネタバレの前に・・・

さて、管理人NOAが大好きすぎてキュン死しそうな「逃げ恥」ですが、

ドラマは全11話で、

2016年12月20日(火)が最終回

なんですが、原作の漫画も

2016年12月24日発売の号で最終回(講談社「Kiss」2017年2月号)

と、原作&ドラマがほぼ同時にクライマックスを迎えます。

最近は、漫画「逃げ恥」の原作コミックが全巻ドットコムで品切れを起こすなど、まとめ買い需要も多い増えている様子。

気になったので、アマゾンで最新刊8巻を見てみた処、

漫画原作は電子書籍(キンドル)版だと1巻432円(税込)、紙の本だと1巻600円(税込)

ただ、期間限定だと思いますが、電子書籍(Kindle)版の逃げ恥の全8巻が実質約2000円で購入可能でオトク。内容は電子書籍8巻がまとめ買いで安く買えて、そこにAmazonポイントが1000ポイント貰えるというタイプの割引。気になる方は、画像リンク先のアマゾンをどうぞ。

#紙版の人には割引セットが無いのが少し残念かも。

ただ、ドラマと漫画で「逃げ恥」の演出が違ったりしますので(ドラマだと妄想がTBS情熱大陸で、原作コミックでの妄想は「徹子の部屋」とか)、原作は原作で世界観が面白いので違いをチェックしたくなりますよね~。

 

で気になる最終回までの展開ですが…

「ドラマと漫画の最終回は違うものになるかも」

そりゃそうですよね。どちらも同じころに最終回なので、一緒ってわけにはいかないですよね。

 

でも気になりますよね…今後の展開が。

 

管理人NOA、実は、これまでの漫画を全部読んでしまいました!

そして、管理人NOAが勝手にドラマの今後の展開を漫画から勝手に妄想してしまいましたよ!

ネタバレを含む内容なので、

「絶対読みたくない!」

「私の生きがいを潰す気か!!壁ドンしてやるー」

 

って方は、読むのはここまでにしてくださいね。

そして、ここから長ーいので、時間がある方だけお読みください。

NOAが予想した「逃げ恥」の最終回の結末

 

さて、一番気になるところの

 

 

「みくりと平匡さんは結ばれるのか…?」

 

今もココロは結ばれていますが、あの2回目のキスから先は

 

まだ

 

 

ですよね。

 

さて、みくりと平匡さんが結ばれるかどうかですが

 

妄想でもなく願望でもなく、

 

原作では全9巻(予定)のうち、第6巻で結ばれます!

 

原作と同じ流れだとしたら、12/6 の第9話で結ばれちゃうと思うのですが…

そこはドラマ!結ばれるのは最終回まで引っ張られるんじゃないかなー、と予想しています。

 

あ、プロの独身を貫いてきた平匡さんなので、原作では「すんなり事が運んだ」ってわけではなかったのですが…ね。

さすがにドラマではそこまでは原作に忠実に再現しないでしょう…逃げ恥のドラマは小学生も見てますもんね(笑)。

 

そして、第9回の予告でもあったように、平匡さんの会社も転換期を迎えることに。

そこで平匡さんは転職と転居を決意。

 

引っ越すタイミングで正式に籍を入れようと、みくりにプロポーズ!!!

 

 

おめでとう、みくり!

 

おめでとう、ひらまささん!

 

おめでとう、津崎くん!

 

ありがとう、みんな!

 

ちゃーらちゃらちゃらー、ちゃーらちゃらちゃらー

(エンディング 星野源の「恋」)

でハッピーエンド。最終回。

nigehaji-kekkon

エンディングの「恋ダンス」を津崎家で踊ってますが、あのバック、ホームパーティーっぽいですよね。

あれはきっと、

「遅ればせながら、みくり&ひらまさ  結婚披露パーティー」

なんじゃない!?

ってことも予想されますね。。ドラマの最終回ですもんね。

 

(追記 12/7

って、書いていましたが、昨日12/6の第9話の終わり方からして…

どうやら、第10話 12/13には結ばれちゃうんじゃないかな!

と管理人NOAは推測します!

どうも、原作漫画と詳細はいろいろ違うところもありますが、

大筋の流れとしてはドラマと漫画をあわせているようです!

「プロの独身」平匡さんの初戦を、どこまでドラマで再現するか気になるところなのですが…逃げ恥は小学生も見てますしね(汗)

 

(12/20 最終回後の追記です!)

管理人の予想、あんまり当たりませんでしたね(汗)スミマセン…。

でも、原作漫画の海野つなみさんの「伝えたい」方向性と、そうたいして違わないラストだったのではないか、と思ってます。

ドラマと漫画、違うところも色々ありますが、楽しみながら、ここからは、

原作漫画「逃げ恥」の「結ばれたあと」のあらすじをご覧ください。↓↓↓↓

 

原作漫画「逃げ恥」のあらすじ・ネタバレ(結ばれたあと篇)!

 

原作漫画のあらすじをご紹介しますね。

 

 

心身ともに結ばれた平匡さんとみくりなのですが…両思いの男女が同居していると、どうしてもイチャイチャしてしまうもの。

今まで家事代行として仕事をしてきたみくりにとって、もちろん平匡さんは好きだけど、プライベートと仕事の区別がつかなくて、これまでのペースが乱されて

 

「恋に、仕事もプライベートも侵食されている」

 

と、なんかモヤモヤ…。

 

一方平匡は、転職をきっかけに、引っ越しを提案。そのタイミングで正式に籍を入れようとプロポーズ。

 

平匡は、

「自分が嫉妬するから、風見家の家事代行もやめてほしい。」

「今後、子どものいる生活も考えて、みくりへの有償の家事代行を小遣い制にして余った分は貯金しよう」

と言い出します。

 

 

それに対してみくりは

 

「給料下がって、やる仕事変わらないってブラック企業やんけー!副業も禁止かよー」

と内心モヤモヤ。

 

(ま!みくりって、原作ではやけに「お金お金」って…。 と管理人NOAはひいちゃいました。)

 

みくりとしては、

指輪を買ってもらったり、ご飯をおごってもらったのも嬉しかった。

自分が相手に「男の役割」を期待してるんだったら、向こうだって「女の役割」を期待する

それなのに自分ばっかり「働いた分 お金くれないと嫌」だなんて言いにくい。

このまま普通に結婚すべきか…。

 

と悩み、平匡に

 

「距離を置きたい」と言い出してしまいます。

 

みくりの心が自分から離れたのか、と焦る平匡に

 

「そうじゃないんです!仕切り直しです」

 

と。

 

そしてみくりは、百合ちゃん家に転がり込んで、津崎家には通いで家事代行。

もちろん週末は一緒にすごして普通の恋人同士のようだが、正式な結婚については、まだ白紙のまま。

 

 

どうなるみくり。

 

どうなる平匡。

 

ちゃーらちゃらちゃらー。ちゃーらちゃらちゃらー

(ここは管理人の勝手なエンディングです。まだ終わってもらっては困る)

 

ある日、みくりは、中学時代の親友「やっさん」こと田中安恵(真野恵里菜さん)が子連れ離婚して、おばあちゃんの八百屋を手伝っているのですが、その八百屋を手伝うことに。

 

ひょんとしたことから、スーパーにお客さんを取られて閑散としている商店街の町おこしを、みくりが手伝うことに。

 

普段商店街に脚を運ばないお客さんのために、商店街の良さを知ってもらうべく、近所の神社の青空市に出店することを思いつき、みくりがその「コンサルタント」として働くことに

 

みくりとやっさん、商店街のみんなが準備した青空市は大成功!

 

そしてみくりは、コンサルタントという仕事が

「今までやってきた仕事で一番楽しかった」

ってことに気づくんです。

 

そこで、商店街の青空市の成果をまとめて、コンサルタントとして職に就くべく、本格的に就職活動を開始!

 

そして、コンサルタントとして採用されます。

 

仕事が決まり、平匡さんのところに戻ることを決意したみくり。

 

 

 

3ヶ月の派遣契約を経て、正社員に採用されたら「平匡さんと入籍する」

 

モヤモヤを吹っ切ったみくり!

 

それに対して、平匡は…

 

 

 

 

 

 

もう雇い主と従業員じゃありません。

 

 

 

 

 

共同最高経営責任者(CEO)です!

 

と。

 

焦ったー。みくりが平匡さんから距離を置いたから振られたのかと思いましたが、そうではなかったんですね。

ちゃーらちゃらちゃらー、ちゃーらちゃらちゃらー

とエンディング流したいところですが、まだ少し続きます。

 

 

新しい生活を始めたふたり。

お互いフルタイムで会社で働き、ふたりとも疲れているから、すれ違い生活。

 

二人を結ぶきっかけとなった「スキンシップ」も減っている…。

 

家事についても、みくりがフルタイムで外で働いていると、これまで通りとはいかず、平匡が手伝うということにはなっているものの、双方にも不満が…

 

みくりがフルタイムで外で働きだしてから掃除の質が低下している」と平匡は気になるが、

 

実はみくりはそれほど気にならない、ということが判明。

 

そこで、みくりの画期的な提案が…

 

分担とすると、相手ができていないとイラッとする、

そうならいっそ、分担をやめて

 

シェアハウスにしよう!

 

基本家事はみくりが担当するが、それは「好意」でやっている。と。

なので、できてなくても「ごはんは?」とか「汚れているよ」とか言わないでほしい

 

家事は私の仕事じゃないから!

 

 

 

「家事はみくりの仕事じゃないから」って…

 

「家事は仕事」の契約結婚から始まって、

 

「家事は仕事じゃない!」って矛盾してるんですけどね。

それを本人も気づいているのが面白い(笑)

 

そしてみくりと平匡、二人の結論としては…

 

最初から分担になってしまうと感謝がなくなる。

これからは

「役割と義務」ではなく

「好意と感謝」で生活を回していこうと!

 

ということで決着しました!

 

 

管理人NOAはこの言葉に感動しました。素晴らしいです!

これなら、今後みくりと平匡に子供が生まれても、ギスギスすることなく、ハッピーな生活が送れること間違いなさそうですよね。

奥さんが育休から仕事復帰する予定の、みくりの兄ちがや君にも壁ドンして聞かせたいです(笑)。

 

 

あと3回分しか残ってないドラマも、漫画と同じような展開になるかわかりませんが、

ぜひドラマでも

 

「好意と感謝」で生活を回していこう

 

というところを、全国の夫婦に聞かせたいです!

逃げ恥ドラマの脚本家の野木亜紀子さん、プロデューサーの那須田淳さん、どうかお願いします!

 

…と、管理人NOAが読んだ漫画の内容をネタバレさせてしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

さて実際のドラマ結末はどうなりますやら。ほんと楽しみです。

漫画もあと1回。どういう結末を迎えるのでしょうか。

 

まとめ

2016年秋の大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」ですが、登場人物の名前の由来が面白いのでまとめてみました。

またドラマ逃げ恥の最終回を、原作漫画から管理人が勝手に予想しました。

ドラマはもう少しで終わってしまいますけど(涙)、漫画の「逃げ恥」も、面白いのはもちろん、心に残る言葉が満載で、何度読んでも楽しめます。

今回の記事ではみくりと平匡さんの結末について書きましたが、周りの人たちにも実はいろんなドラマが描かれているんですよ。

ドラマが終わっても逃げ恥を味わいたい人には、是非、漫画でじっくり深いところまで「逃げ恥ワールド」を堪能してください

 

ドラマ逃げ恥の、平匡さんのお部屋の素敵な家具についてはこちらの記事をご覧ください

nigehaji-kagu-title逃げ恥の星野源の部屋が素敵すぎ!家具インテリアをまとめてみた

 

また、ドラマ逃げ恥第8話で出てきた、あの「アイスワイン」はこちらの記事をご覧くださいね。

nigehaji-wine逃げ恥の第7話のアイスワインの商品名(銘柄)や価格を調べてみた!

 

今話題の映画「ぼく明日」こと、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」についての記事もこちらにありますのでぜひごらんください。

bokuasu-fukusisouta-komatsunanaぼく明日の主題歌の歌詞の意味は?京都のロケ地や原作あらすじも紹介

スポンサーリンク

最後までお読み頂き
ありがとうございました

最後までNOAの記事をお読み頂き感謝です。
もしよければフェイスブックやはてなブックマーク、G+で広めて頂けるとすごく嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。