日本の最新2016の健康寿命と平均寿命とは?WHOの定義や伸ばす方法も

2016年5月12日に演出家の蜷川幸雄さんが80歳で亡くなりました。織田信長の時代は人生50年と言われていたようですが、最新の今の時代は人生80年とも言われていますが実際はどうなのでしょうか。

2016年の日本の最新版の健康寿命と平均寿命の情報を調べました。また、WHOのいう健康寿命と平均寿命の定義や、健康寿命や平均寿命を伸ばす方法についても紹介します。

スポンサーリンク

WHOの健康寿命と平均寿命の定義とは?

2016年5月12日に演出家の蜷川幸雄さんが80歳で亡くなりました。管理人はAスタジオという鶴瓶さんの番組をよく見ますが、多くのゲストが蜷川幸雄さんとのエピソードを話してましたし厳しくも俳優を育ててくれる貴重な人だったんだろうなと思います。

残念ながら、人間は死から避けられませんし寿命も気になります。織田信長の時代は人生50年と言われていたようですが、最新の今の時代は人生80年という情報も。実際の日本人の寿命を調べました。

kenkojumyo-heikinjumyo2

まず、健康寿命と平均寿命というコトバの定義をご紹介します。

平均寿命は人間の寿命の長さを表すものになります。

健康寿命(けんこうじゅみょう)WHOが2000年に提唱した概念で、平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた期間になります。

要は1人で医療や介護度に依存せずに生きて生活出来る期間が健康寿命。ちなみに健康寿命の算定方法は、サリバン法、Katz法、Rogers法など色々あるようですが、日本はサリバン法を採用して計算しているそう。

日本の最新2016の健康寿命と平均寿命とは?

日本の2016年最新の健康寿命と平均寿命について調べました。

公式な日本の情報となると厚生労働省のデータを調べる事になります。コチラの厚生労働科学研究の健康寿命のページに膨大な資料があるのですが、最新の平成26年の研究報告PDF122Pを見ても健康寿命や平均寿命のデータは平成22年のデータ図が最新のようでした。

ですから、平成22年の日本人の健康寿命と平均寿命を紹介します。

kenkojumyo-heikinjumyo1
出典:厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会「健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料」p25

H22年の日本の最新データで、

男性だと平均寿命が79.64歳で、健康寿命が70.42歳

女性だと平均寿命が86.39歳で、健康寿命が73.62歳。

ちなみに2010年の厚生労働省データだと日本の女性71歳と世界一健康寿命が長いそう。海外で日本食が見直されている理由もここにあるのかも。

ただ実際データとして見てしまうとなるべく長く健康でいられる為に普段から意識しないとって思いますね。

健康寿命や平均寿命を伸ばす方法とは?

健康寿命や平均寿命を伸ばす方法について調べました。

ただ、平均寿命にしても健康寿命にしても伸ばす方法というより、寿命を縮めない方法といった方が、ニュアンス的には適切なのかもしれません。

すごく簡単に言うと健康寿命や平均寿命を伸ばす方法で大事なのは、

適切な食事と、適切な運動と、適切な睡眠が大事なようです。

具体的な国の取り組みなどは、厚生労働省のページをご覧いただくとして、適切な食事というのは、塩分や糖分を取り過ぎない食事と言ってよさそう。いわゆる生活習慣病の原因の多くは食生活と言われているので、特に普段から塩分や糖分の摂り過ぎは注意したいですね。

適切な運動ですが、これも食事と同様大事なようです。管理人の毎週録画している番組NHKチョイスの健康寿命を伸ばすページの公式ダイジェストページをご紹介。

先の15年の研究を見る限りは、毎日のストレッチと、8000歩・中強度運動20分というのが1つの健康寿命や平均寿命を縮めないための基準の目安といえるもしれません。

また、適切な睡眠は推奨時間は6-8時間なのだそう。寝不足は厳禁ですね。

まとめ

WHOの平均寿命と健康寿命の定義を紹介しました。また、2016年の日本の最新情報から健康寿命と平均寿命を調べました。日本の女性は健康寿命が世界一という情報でしたが、ストレッチや中強度の運動は普段から私たちも心がけたいですね。

普段、多くの人は自分が健康に動ける事が当然だと感じられていると思いますが、今健康に動ける事って本当はすごく大切でありがたい事なのですね。なるべく長く健康でいられるよう、普段から食生活や運動に気をつけましょう。

最後に、健康大事とはいえラーメンは大好きという方に、ラーメンを健康的に食べる方法をご紹介。
ラーメンのスープなしのカロリーは?塩分の乾麺と生麺の違いや健康的な食べ方についても

 

スポンサーリンク

最後までお読み頂き
ありがとうございました

最後までNOAの記事をお読み頂き感謝です。
もしよければフェイスブックやはてなブックマーク、G+で広めて頂けるとすごく嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。