スティーブジョブズの無敵の名言が凄い!スタンフォード大学の動画も

管理人NOAは当サイト「なんでどす」の初投稿はこの内容にしようと決めていました。それはアップルの創業者スティーブ・ジョブズの名言を紹介すること。この考え方を知ってるだけで人生楽しくなると思うので。

スティーブ・ジョブズの無敵の凄い名言を動画と共に紹介します。また、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の動画やその見処についても解説します。

スポンサーリンク

スティーブ・ジョブズの無敵の名言が凄い!

アップルの創業者スティーブ・ジョブズさんの管理人NOAセレクトの名言をご紹介。

「格好いいパソコン」としてアップルやマッキントッシュを世に送り出し、3Dアニメーションのピクサースタジオを軌道に乗せ「トイ・ストーリー」などを大ヒットさせ、さらにiPhoneやiPadなどを通して人々の生活を変えてくれた立役者がスティーブ・ジョブズさん。1つでも凄いのに3つって鬼というか至上者ですね。

数多くの名言を遺してくれたスティーブ・ジョブズさんの無敵で最高の1分動画は絶対にこの動画だという動画を紹介します。絶対にオススメ動画なので、見たことある方面無い方もご覧ください。(音が出ます)

管理人NOAの主観でしょと言われるとその通りですが、私たち普通の人にも共通するメッセージとして、

世の中の見方が人と違っていても、その考え方が多くの人に受け入れられないとしても、

自分が世界を変えられると信じられる人だけが

本当に世界を変えられる人だから。

このコトバって、凄く私たちを元気にしてくれると思うんです。

「世界を変える」って別にiPhoneみたいな発明をするという事ではなくて、

一度きりの人生で

あなたの世界を変えられるのはあなただけだから。

という解釈で良いと思うんです。まずあなたが自分の世界を変えればいいじゃないですか。

本当に、一度きりの人生ですし、スティーブ・ジョブズさんは56歳で亡くなっていますが、私たちが生きている時間には限りがあるわけで。

stevejobs-great

あなたは今何歳でしょうか?100歳まで生きた方でも「人生は短かった」と言われていますし、限りある時間を有効に使う為にも「変えようとしたらあなたの人生は変えられる」って知っている事は、とても重要なことだと思います。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の動画のポイントは?

スティーブ・ジョブズさんのスタンフォード大学の伝説の動画をご紹介。

スティーブジョブズさんの3つのストーリーから、多くのことが語られていました。

管理人NOAの考えるスティーブ・ジョブズさんのスタンフォード大学の講義のポイントは3つ。

1.自分の能力、自分の可能性を信じて、今できる事だけに集中せよ

2.自分が素晴らしいと信じる仕事をしよう。見つかってないなら探し続けよ

3.死を迎える日まで、自分が本当にやりたいことだけを出来るように挑戦せよ

すごくザックリとした説明で、意訳と感じられる方もいるかもしれませんが、「死は生が生んだ唯一無比の、最高の発明」というコトバは凄く重く、重要な概念ではないかなぁと思います。

よく「ガンなど重い病気の可能性があって、その時にはじめて死を意識した」という話を聞きますが、病気があろうがなかろうが、意識しようがしまいが、私もあなたもこの後に生きられる日数に限りがあるわけです。

だからこそ、「自分を信じて、自分が心から素晴らしいと思うことに集中出来るように毎日充実させていこう」というスタンスの話は常日頃から忘れないようにしたいと思います。

スティーブ・ジョブズの本名は?

日本だとスティーブ・ジョブズさんと言われていますし、この記事内の画像についてもsteve jobsと書かれていますが、ジョブズさんの本名をご存知でしょうか?実は署名を見ると、

stevenjobs-sign

steven jobsとnが入っています。多分、発音しないnなので日本語の読み方としては、スティーブジョブズで正しいのでしょうが、先のスタンフォード大学の講義の内容と合わせてスペルはsteven jobsだよって事を記憶に遺して頂けると幸いです。

まとめ

スティーブ・ジョブズさんの名言をご紹介しました。「1度きりの人生であなたを変えられるのはあなただけだから」という内容は是非、記憶のノートに保存しておきたいですね。また、スタンフォード大学の動画も別角度から同じことを言われていたと思います。

私たちは今、死の気配を感じていても、感じていなくても、エネルギーの限りを意識して、今日の時間を大切に過ごしたいですね。最後まで長文をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き
ありがとうございました

最後までNOAの記事をお読み頂き感謝です。
もしよければフェイスブックやはてなブックマーク、G+で広めて頂けるとすごく嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。