しょうがココアの効果は?ためしてガッテンの作り方やレシピを調べてみた

寒い季節に、お家で手軽に作れるあたたかい飲み物をお探しの方に「しょうがココア」をご紹介しますね。「しょうがココア」はこの季節の身体にとても良いんですって!

しょうがココアの効果について調べました。また、「ためしてがってん」の作り方やレシピについても調べました。

スポンサーリンク

しょうがココアの効果は?

寒くなると身体を動かすのが億劫になるってこともあるんですが、秋冬は一般的に基礎代謝が落ちて太りやすくなる季節なんですって。でも、身体をあたためて痩せやすい体質にしてくれるのがこの「しょうがココア」。しょうがとココア、それぞれの利点を活かした飲み物なんです。

しょうがといえば、身体の冷えを改善して、新陳代謝を高めてくれる効果がありますね。

一方、ココアには、ポリフェノールという、動脈硬化や脳梗塞を防ぐという抗酸化作用があります。またココアの原料であるカカオ豆には鉄分豊富なため、貧血改善に役立つと言われています。ほかにも、植物繊維が豊富なので、便秘の改善に効果的なんですって!またココアにもしょうがと同じく、冷えを改善する効果があるんですよ。

ためしてガッテンの作り方やレシピを調べてみた

こんなに効果バツグンの「しょうがココア」なら、NHKの人気番組「ためしてガッテン」で作り方を紹介シているはず…と思いきや、残念ながら、ためしてガッテンで作り方特集はしていませんでした。スミマセン。

でも、他のテレビで見た、いい感じの作り方をご紹介しますね。

材料は以下の通りです。

  • お湯:200ml
  • ピュアココア:5g(小さじ2杯半)
  • 皮ごとすりおろした生姜:5g(小さじ1杯)

ココアは、「調整ココア」ではなく、「ピュアココア」(砂糖や乳脂肪分を含まないもの)を使ってくださいね。バンホーテンとか、そういうやつですね。
でも、ピュアココアって甘くないんですよね。甘さが足りない場合は、はちみつ(小さじ2杯半)を入れてください。

shoga-cocoa-pure-cocoa

生姜ですが、しょうがの皮には、水分の代謝を促してむくみや水太りを防ぐ働きがありますので、ぜひ皮ごとすりおろしてくださいね。

でも、生の生姜を買ってきて準備するのって、はっきり言って面倒くさいですよね。管理人NOAも、気合入れてスーパーで生姜を買ってきたけど、冷蔵庫で干からびせてしまったことが何回もあります…。

そこで、買ってきた生姜を全部すりおろしてラップに包んで薄くして冷凍する方法をオススメします!製氷皿で保存するのもアリですね。必要な分だけ取り出して使ってくださいね。

それでもやっぱり生の生姜が面倒くさい場合は、市販のチューブの生姜でもOKだそうです。その代わり、チューブの生姜の場合は、本物の生姜より多め(1.5倍の7.5gぐらい)を使ってくださいね。チューブ生姜って成分が薄まってるんだそうです。

ここで一つ耳寄り情報!生姜はそのまま入れるのではなく、先日話題に上がった「レンチン生姜」を使うといいですよ。

レンチン生姜とは、レンジでチンした生姜のこと。すりおろした生姜を耐熱容器に入れ、少し水を加えてヒタヒタにしてからラップしてレンジでチンしてください。爆発しない程度に様子を見ながら、小さじ1杯だと10秒ずつ様子をみるのがいいですね。

なんでも、生姜の身体の冷え改善をしてくれる成分であるショウガオールは、80℃ぐらいが一番良いそうです。くれぐれも爆発させないでくださいね。

レンチン生姜の記事はこちら

出来上がったレンチン生姜を、ココアに混ぜてくださいね。冷たいままの生姜に比べててより効果アップが期待できますよ!

なお、しょうがココアを飲むタイミングですが、「朝・晩それぞれ一杯ずつを食事前に飲む」がいいそうです。特に朝、冷えた身体を目覚めさせるためにもぜひオススメします。

しょうがココアの効果は?

しょうがココアの効果や作り方・レシピについて調べました。寒い冬にお家であたたまるのに「しょうがココア」ぜひオススメです。普段飲んでるコーヒーや紅茶がも少し飽きたな、という方にもぜひオススメします。一度お試しくださいね。しょうがは「レンチン生姜」を使ったほうがより効果的ですのでその記事を紹介しますね。

renchinshogaレンチン生姜の作り方や食べ方、保存法を調べた!ダイエットに効果はあるの?

 

 

スポンサーリンク

最後までお読み頂き
ありがとうございました

最後までNOAの記事をお読み頂き感謝です。
もしよければフェイスブックやはてなブックマーク、G+で広めて頂けるとすごく嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。